たんね 親方のひとり言

ikeda2009.exblog.jp

・・・~こだわりの汗が暖かい住まいの創造源~・・・ 情熱の結晶に包まれながら暮らす『家』は最高!!

ブログトップ

<   2012年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧

仕上げ段階に入る。

灯具、建具も大事な部屋を形づくるポイント。既存の灯具、建具と調和させるのも悩む所だ。


c0202242_55671.jpg


c0202242_5575274.jpg
                         既存の灯具
c0202242_5584935.jpg

                      
c0202242_6019100.jpg
                         廊下 灯具
           
c0202242_62719.jpg
 
               部屋出入り口 親子ドア
c0202242_63866.jpg


c0202242_641023.jpg
 

c0202242_645199.jpg

既存建具、部屋より納戸入り口:  あかり三角窓を空け クロスを壁に合わせて貼り直す。
c0202242_661656.jpg
 

c0202242_67851.jpg


池田工務店ホームページへ
by ikeda2009 | 2012-05-31 06:24 | 建築・雑感 | Comments(0)

リホーム工事―3天井

しとなった梁の上に銘木杉板(無垢板)天井を張る。

腰板と共木の春日杢、これだけの大判サイズはめったにない。
竿縁を格天組みとし、板材の大きさをそのまま活かし木の動きを吸収できるよう造作した。

黒い梁と天井がそれなりに調和して仕上がった。


c0202242_638253.jpg


c0202242_6385282.jpg


c0202242_6392410.jpg


c0202242_640479.jpg


c0202242_6403432.jpg


池田工務店ホームページへ
by ikeda2009 | 2012-05-30 06:57 | 建築・雑感 | Comments(0)

リホーム工事―2

65年経っているとは言え、以前は構造材として天井裏に隠れていたものを意匠として、欅や黒松の丸太梁を活かさない手は無い!

煤や埃を落とし、磨き上げる。新たな間仕切り壁を起こし部屋を形造って行く。

梁を活かす事はやはり仕上げ材に木を多く使うと言う事だろう! 腰板も天然杢(春日杉)の500年物を使用した。
木肌(木目)は風格さえ感じる。 倉庫に長く眠っていたやつを今蘇らせる。


c0202242_6175139.jpg


c0202242_6115619.jpg


c0202242_6122940.jpg


c0202242_613328.jpg


c0202242_6141660.jpg


c0202242_6152130.jpg


次回につづく・・
池田工務店ホームページへ
by ikeda2009 | 2012-05-29 06:37 | 建築・雑感 | Comments(0)
戦後間もなく建てられ、築65年経過した民家。

中越沖地震時、屋根瓦や土壁など大きな被害を被った。地震後間もなく耐震補強工事の折大屋根小屋組みを全面に取り換える大規模な改修工事を行った。

今回、その2階部分の廊下と居室2室を1室にするリホーム(仕上げ造作)工事が行われた。
屋根改修の折残された年数を刻んだ柱や大梁を活かした部屋造りをしたいとの事。

はたしてどう仕上がったでしょうか・・・・・!


c0202242_15282113.jpg
 工事前、以前の間仕切り造作部分を撤去し、これから造作工事が始まる。


c0202242_1529292.jpg
 戦後の材料不足を職人の技で補ってある。 継(金輪継)がれて活かされた欅材の通し大黒柱。


c0202242_15292910.jpg


c0202242_1530359.jpg
 煤と埃で黒くなった梁、どう活かされるでしょうか?。

c0202242_15303178.jpg


c0202242_15304655.jpg

次回につづく・・・・・

 池田工務店ホームページへ
by ikeda2009 | 2012-05-28 15:47 | 建築・雑感 | Comments(0)

今日の花たち―都忘れ

ミヤコワスレ 花言葉は「別れ・ しばしの憩い」

鎌倉時代、承久の乱で順徳天皇が佐渡に流された折、
庭先に咲くこの花を見て「しばし都を忘れられる」と言ったとか・・。

親方、頭の中の混雑をしばし忘れたーい!!

c0202242_915778.jpg


c0202242_9153928.jpg

by ikeda2009 | 2012-05-26 09:25 | 花.植物 | Comments(0)

誕生

事務所ポーチの燕、1子 2子誕生か?!

玉子の殻が2コ床に昨日落ちていた。 ようやく雛が誕生した模様だ、巣造りのスタートが遅れていた今年。
親鳥がまだ巣に座りこむ所を見ると、もう数匹生まれる可能性あり。!!

ちなみに昨年の雛は2匹と少なかった。 はたして今年はどうか・・

c0202242_6414090.jpg


c0202242_6453294.jpg

by ikeda2009 | 2012-05-25 06:56 | 動物.生き物 | Comments(0)

家族が増えた・・

またまた、家族が増えました。

5月の連休に、山形県・米沢のなじみの骨董屋でかみさんが求めた大瓶、水連鉢にしたいとの事。
新潟市に出かけの折、秋葉区のフラワーガーデンに寄り、水連の苗を買ってきて植えこんだ。

何かちょっと寂しい感じ! ボウフラも沸くかな? てな訳で 「金さん」 5匹、娘より買って来てもらった。
『安くて強い奴頼むぞ』 意味は通じたのか『小赤買ってきたよ~1匹¥25円』 との事。
「小赤」?親方、見た目おそらく「サバヨ」かと思われる。そう、強い奴だ!!

はたして 我が家に新しい家族がやって来た。 ちなみに隣の石瓶の中には日本メダカが16匹!!


c0202242_1137968.jpg


c0202242_11372047.jpg


c0202242_11381113.jpg

by ikeda2009 | 2012-05-23 12:06 | 動物.生き物 | Comments(0)
金環日食の喧騒も終わり それぞれの花たちを見る。・・・・

c0202242_6405142.jpg


c0202242_6412314.jpg


c0202242_6414471.jpg


c0202242_6421077.jpg

c0202242_644395.jpg

by ikeda2009 | 2012-05-22 06:48 | 花.植物 | Comments(0)

里神楽012 上演

5月19日 午後より市文化会館文化ホールにて 第24回柏崎・刈羽里神楽上演会があった。

我が町内(谷根大和舞保存会)も出演しました。演目は『稲田』
須佐之男命が、八岐大蛇を御退治された有様、又日本武尊が賊を征伐された時のご難儀と勇ましい有様を形どっての舞です。

伝統文化継承に向け、裏方は若手中心の出演でした。
笛もうまく吹けましたよ。038.gif
 

c0202242_827643.jpg


c0202242_827417.jpg

by ikeda2009 | 2012-05-21 09:03 | 行事 | Comments(0)

入り日

新潟からの帰り路。

高速道を降り国道8号線に出ると、今まさに日本海に沈もうとする夕陽が真っ先に目に入った。
車を路肩に止め、シャッターを切る。  5月 雨上がり夕方の1枚。


c0202242_6445471.jpg


c0202242_6454099.jpg

by ikeda2009 | 2012-05-19 06:54 | 自然.風景.風物 | Comments(0)