たんね 親方のひとり言

ikeda2009.exblog.jp

・・・~こだわりの汗が暖かい住まいの創造源~・・・ 情熱の結晶に包まれながら暮らす『家』は最高!!

ブログトップ

<   2012年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

民家解体

山里の高台に建つ民家が長い歴史を 今閉じようとしている。

昭和初期に建てられた家、幾度と改修改善を繰り返しその時代の生活様式に変わりながら今日に至る。
昭和から平成の時代を風雪に耐えながら、この家の家族らの生活を見守って来た家。 木羽葺き屋根が瓦になり、牛舎が納戸に、茶の間の囲炉裏もいつしか消え、台所もトイレも近代的に変わって来ていた。
親方も若き頃から何度もこの家の普請に携わって来た。 
この家から何人もの子供が誕生し育ち、幾度の冠婚葬祭が行われた事か、傍らに立ち想いを馳せ静かに家をながめる。

新しい家の完成に伴い、この家族は市街地に生活の利便性を求め移転した。
この家の最後を頼まれ、複雑な心境の親方でした。


c0202242_1875385.jpg


c0202242_1882773.jpg

by ikeda2009 | 2012-10-31 06:26 | 建築・雑感 | Comments(0)

進み往く秋

この処の朝晩の冷え込みで秋はぐっと深まって来た。
辺りの木々や山々の紅葉が日毎深まって艶やかさを増し、楽しませてくれる。

柿が色づき、キノコも盛りになって来た。まさに実りの秋、食欲の秋本番だ。


c0202242_1620185.jpg


c0202242_16202854.jpg


c0202242_16204296.jpg


c0202242_16211997.jpg


c0202242_16213835.jpg

by ikeda2009 | 2012-10-30 06:17 | 自然.風景.風物 | Comments(0)

今日の花たち―45

センブリ

リンドウ科 薬草。

c0202242_627384.jpg

by ikeda2009 | 2012-10-29 06:28 | 花.植物 | Comments(0)

柏崎抄

10月24日 柏崎日報記事【柏崎抄】

記事を記載してくれた彼の記者とは、ある縁あってからもう随分長いお付き合いで公私共にお世話になっている。 『たんねのあかり』の立ち上がりの最初からを知る一人である。

初めて女子美大.下田先生が谷根を訪れ親方の山小屋のテラスで夕闇の中 たった3.4個の空き瓶にキャンドルを灯し、温かい明りを見つめながら熱いお話を聞かせてくれた時からだ! 以後4年間、ことある事に谷根に足を運んでもらい応援を頂いてきた。

『たんねのあかり2012』が終わり幾日か過ぎ、1時間あまり彼と様々な雑談をする事が出来た。もちろんあかりの話も含めてだった。 【起承転結】の意味合いを気にかけてくれた、立ち上がりからのキャンドルを知っている彼らしい優しい応援を含めた言葉が胸にしみた。


c0202242_16165052.jpg

いつも彼の記事の温かみの感じる文章力、切り口に感銘を受ける親方でした。

たんねのあかり ojisyannへ
by ikeda2009 | 2012-10-26 06:14 | たんねのあかり | Comments(0)

人恋しくて

朝から雨
早朝、事務所のパソコンにつかまる。 ハナの甘え声(にゃ~ニャ~)。
親方の処にすり寄り膝に乗る。 ひとしきり甘えどこかに行った!

秋雨が降り出すと誰もかも どこか寂しくなって来るのかな!!


c0202242_6584458.jpg

c0202242_659011.jpg

by ikeda2009 | 2012-10-23 07:06 | 動物.生き物 | Comments(0)

今日に想う

竜胆(リンドウ) 花言葉は【誠実】 我家庭先にて。

久々の投稿になった 『たんねのあかり2012』 から1週間以上が経過した。 いまだ残務処理等雑務に追われる日々が続いている。 
改めて多くの人々にお世話になった 感謝の気持ちで一杯である。

自分の誕生日も忘れるほどの余裕の無さだが、メールやプレゼントを貰い現実を実感する。もう歳は要らないのだがこれだけは・・・・・・気がつけば還暦に手の届くところまできてしまった親方でした。



c0202242_9152172.jpg

by ikeda2009 | 2012-10-22 09:34 | 未分類 | Comments(0)
中秋の候10月13日 村内を埋め尽くすほどの観衆に堪能いただいた アートイベント『たんねのあかり2012』が無事終演した。 「水源の里・結びの里」たんねに8000人以上のご来場を頂いた県内外の皆様方に、まずもって御礼を申し上げます。

準備期間から含め1年間、女子美術大学はもちろん、関係戴いた大勢のボランティアスタッフ、多くの企業・個人協賛者に改めて感謝と御礼を申し上げます。

4回目の開催となる今年は、『起承転結』に例えるならば、『結』の年となる。
(公財)新潟県文化振興財団・(地域分化創造事業)の助成を頂くのも最終年度となる、まさに節目の年となった。

戸数80戸、240人程の小さな里山集落の大きな冒険でもあった。この間多くの人達との有り難くも温かな出会いも数多く生まれた。 縁からスタートしたイベントから今まさに円(輪)となって広がりつつある。
〈あのね たんね いいね〉

たった一夜の夢物語、多くの称賛を有り難く感じ、さらなる今後に活かしていきたいと思っています。
本当にありがとうございました。

c0202242_942046.jpg



ojisyannのブログへあかりの様子へ
by ikeda2009 | 2012-10-16 09:44 | たんねのあかり | Comments(2)

本日は晴天なり

『たんねのあかり2012』

予定通り行われます。 皆様のお越しをお待ち致しております。
by ikeda2009 | 2012-10-13 07:00 | たんねのあかり | Comments(0)

おわりとはじまり

いつの間にか金木犀の花が散り、曼珠沙華の花もそろり終わりに近づいた。
雑木林ではキノコの季節が始まった。

そして 『たんねのあかり』 もすぐそくに来た。



c0202242_16275236.jpg
c0202242_16285545.jpg


c0202242_16291747.jpg

by ikeda2009 | 2012-10-12 06:16 | 未分類 | Comments(0)

ラストスパート―3

たんねのあかり2012 『野点のあかりで!』
あかり会場の一角で行われる野点、あかりを観ながら抹茶を一服どうぞ!!

昨日窯出しの抹茶茶碗。


c0202242_18285682.jpg


c0202242_18291537.jpg


c0202242_183023.jpg
 陶芸家 [嶋田 恵一郎]氏 作品。   もちろんgallery tanne の工房にて、あかりの為に製作。
by ikeda2009 | 2012-10-10 06:15 | たんねのあかり | Comments(0)