たんね 親方のひとり言

ikeda2009.exblog.jp

・・・~こだわりの汗が暖かい住まいの創造源~・・・ 情熱の結晶に包まれながら暮らす『家』は最高!!

ブログトップ

<   2014年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

10月11日  アートイベント『たんねのあかり2014』は絶好の晴天に恵まれた。

夕焼け空と共に、作品群にキャンドルの灯がともって行った。
そして日没となり棚田の水面が蒼く染まり、やがて満天の星空に変って行った。
キャンドルに照らされた作品は赤橙色に映える。

大勢のギャラリーのざわめきの中から感嘆の声が洩れ、あちこちらからカメラのシャッター音が聞こえる。

やがてして、山の頂きよりお月さんも満丸の顔を出し水面を眩しく照らす。
まさに今年の作品テーマ 『まる』 の集大成となった。

一夜限りの夢物語り 『たんねのあかり』 わずか数時間の饗宴だったが、楽しんでいただけたろうか!


c0202242_8425318.jpg


c0202242_847254.jpg
 

c0202242_848660.jpg


                                   photo by  ojishan

こちらに続きます。
by ikeda2009 | 2014-10-29 09:33 | たんねのあかり | Comments(0)

たんね紅葉

10月25日撮影
谷根奥山、只今紅葉の始まり。
湖面に映える錦繍、秋も終盤を迎えつつある。


c0202242_16423084.jpg


c0202242_16425677.jpg


c0202242_1643621.jpg


c0202242_16433416.jpg



あかりの終わった棚田。谷根全景を望む。
c0202242_1643355.jpg

by ikeda2009 | 2014-10-27 16:50 | 自然.風景.風物 | Comments(0)

蕎麦 収穫

8月17日の種蒔きから2か月と10日、ようやく10月26日刈り取りとなった。
少し早めの刈り取りだが、他の畑の耕作者に合わせ刈り取ってもらった。

乾燥をし、製粉となるが、3~4kgの収穫か?

もうすぐ、自作の新蕎麦が喰えるぞ!! 043.gif

c0202242_20143095.jpg


c0202242_2014585.jpg


c0202242_20153590.jpg


c0202242_2016259.jpg

by ikeda2009 | 2014-10-27 06:13 | 行事 | Comments(0)

柿狩り

となりの吉川さんのお爺ちゃんにさそわれ、柿の収穫を手伝いに、山の柿畑に行って来た。

天気良好に付き、孫の颯太も呼んだ。(今から自然体験)
山のいい空気をめいっぱい吸い込み、柿狩りは始まった。

親方 木に登り柿の実を収穫する。テゴ(昔からの地元の農作業バック)一杯になると下の上さんに渡す。
[ヒャクメガキ]大粒の甘柿。

1本の柿の木の三分の二ほどもぎ取り、一旦の終了とした。吉川さん自分の食べる分少々取り、後は我家の分との事、さっそく知り合いに分配しなくっちゃ!!


c0202242_14501534.jpg


c0202242_1451436.jpg


c0202242_14514711.jpg


c0202242_14524669.jpg


c0202242_14532378.jpg

by ikeda2009 | 2014-10-24 15:17 | 行事 | Comments(2)

重ねる

またひとつ歳を重ねた。
嬉しくもないが、これだけはしょうがない。

過去を振り返る事が多くなったこの頃。心の老いも始まったのだな・・・・・

年金書類に署名し後はかみさんに頼む。 今後の人生を考える時期が来た!


c0202242_9191866.jpg

by ikeda2009 | 2014-10-23 09:31 | 未分類 | Comments(3)

今日の花たち―14

なんとなく疲れの取れない今朝、コーヒー片手に久々に花たちと語る。

シュウメイギクは知らぬ間に終わりに近づいていた。
ミソソバのピンクが目を引き、鉢植えのセンブリの小さな花群が愛らしい。

            折々の花たち

c0202242_9294054.jpg


c0202242_930880.jpg


c0202242_9303834.jpg

by ikeda2009 | 2014-10-21 09:42 | 花.植物 | Comments(0)

御礼

『たんねのあかり2014』からあっという間に1週間が過ぎ去った。
合計300以上の個人や企業の皆さんから資金を協賛頂き、150人のボランティアのお手伝いで当日を乗り切った。 ただただ感謝の気持ちでいっぱいだ!!

ご来場頂いた皆さま方には、交通規制.駐車場不足などご迷惑をおかけしたが、会場内でお会いした多くの皆様方よりお褒めの言葉や、これからもと激励も沢山頂いた。
お世話になった某TV局の会長さんより後日 頂いたお手紙が特に心に染みた。

まだまだ残務処理が山積み状態だが、順次進めたい。


c0202242_9392529.jpg

by ikeda2009 | 2014-10-19 10:06 | たんねのあかり | Comments(0)

蕎麦 実りに・・・・

蕎麦畑がピンクに染まってきた。
かわいい白い花が咲き、ようやく実りの季節をむかえた。
小さな黒い三角の実が少しずつ見えるようになってきた。

只、種を蒔きっぱなしの蕎麦畑に収穫はあるのだろうか?
刈り取りはもうそこに来ている。 楽しみだ!!


c0202242_8391351.jpg


c0202242_8403542.jpg


c0202242_8394566.jpg

by ikeda2009 | 2014-10-18 08:47 | 行事 | Comments(2)

終演 ありがとう

10月11日 絶好のイベント日和に恵まれ「たんねのあかり2014」は無事終演となった。
満天の星空の下、かずかずのアート作品がキャンドルの温かな光に灯され、棚田や径や杜に映えた。

8000人以上の来場者が幻想的なあかりの舞台を堪能した。
風の音や水の流れとともに揺れ動くあかりの世界、行く先々で感嘆の声が聞こえていた。
6000のキャンドルが静かな小さな里山を一夜限りの夢の世界へいざなった。

      “たんね いいね”

協力してくれたみんな、ありがとう! 訪れてくれたすべての皆さん、ありがとうございました。



c0202242_1525434.jpg

by ikeda2009 | 2014-10-16 15:57 | たんねのあかり | Comments(2)

たんねのあかり2014

あかり本番当日まで残すところ、あと1週間となり確認事項も終盤をむかえた。
作品製作も大詰めとなりあと一息の所まで来た。
残す時間で、会場整備も始まる。棚田の草刈り、駐車場やバザール会場などまだまだ山積!
当日のあかり作品.会場案内マップも完成入稿となった。

協賛金のお願いに市内外の企業廻りで、皆さんの期待度もひしと感じる今日此の頃だ。





                  今年の作品展示のメーン会場全景
c0202242_9432597.jpg



                        あかり2012の一場面
c0202242_9435860.jpg

by ikeda2009 | 2014-10-04 10:04 | たんねのあかり | Comments(0)