たんね 親方のひとり言

ikeda2009.exblog.jp

・・・~こだわりの汗が暖かい住まいの創造源~・・・ 情熱の結晶に包まれながら暮らす『家』は最高!!

ブログトップ

今朝の花たち

c0202242_845857.jpg
c0202242_8461794.jpg
c0202242_8465978.jpg
c0202242_8482841.jpg
c0202242_8493820.jpg
c0202242_851119.jpg
                              それぞれに咲きほこる。
# by ikeda2009 | 2010-06-11 09:07 | 花.植物

山法師

c0202242_1313816.jpg
                                                   赤花

c0202242_13134975.jpg
                 ミルキーウェイー

c0202242_1315588.jpg
                                                   白花

 山法師の花が咲く季節となりました。梅雨入りもまじかとなりました。
# by ikeda2009 | 2010-06-09 13:30 | 花.植物

和の曲線

c0202242_1944117.jpg
c0202242_19442742.jpg
c0202242_1945143.jpg
c0202242_19463856.jpg
c0202242_194710100.jpg
c0202242_19474033.jpg
              日本建築 〈曲線の動き.曲線美.感性〉
# by ikeda2009 | 2010-06-06 19:57 | 建築・雑感

清浄 上品

c0202242_16425915.jpg
c0202242_16432969.jpg
笹百合(Lilium japonicum) さゆり とも言う。日本を代表するユリの一種。
葉の形が笹の葉に似ている。

# by ikeda2009 | 2010-06-05 17:03 | 花.植物

出張.出稼ぎ

c0202242_17422247.jpg
             メリーさん高原の隣村へ
c0202242_17425587.jpg
               ここ.これは大変だ!!!
c0202242_1746971.jpg
               背丈ほどの草.草.草....
c0202242_17463387.jpg
    昨日、親方の友人のMさんに見込まれて、隣村に畑の草刈りにやって来ました。心配してくれる おかみさんとしばしの別れ.....

実は夕べ一人ぼっちが心細くて おかみさんに会いたくなって、家に帰りたいと脱走してしまいました。
朝 日の出とともに見に来てくれたMさん、びっくり仰天 大慌て大心配.辺りを必死に探すのですが私はいません。  Mさん朝の5時に親方に助けを求めました。 おかみさんと3人で大捜索。もう少しで捜索願いを出すところだったそうです。
ス.ス.スミマセンでした.........私は家の方とは反対方向の道をトボトボ夜道を歩いたのです。
だって来る時は軽トラで来たんだもの..     結局みんなに遭えたのは12時近くでした。涙.涙涙!!!
このまま家に帰られるかと喜んだのもつかの間、修行が足らんと昨日の畑に逆戻り 親方きびしい~
と、いうことでしばらく隣村で Mさんに面倒見てもらいます。Mさん時々会いに来てメーーー

# by ikeda2009 | 2010-06-03 19:56 | 動物.生き物

森林浴

c0202242_10511759.jpg
c0202242_1052090.jpg
                ギンリュウソウ
c0202242_10523081.jpg
c0202242_1053257.jpg
c0202242_10532326.jpg
               米山の伏流水
# by ikeda2009 | 2010-06-03 11:03 | 自然.風景.風物

花差し

                     〈陶芸家 嶋田恵一郎 氏作〉
c0202242_9453240.jpg
c0202242_1051629.jpg
  谷根に窯を興し 製作活動を行っている若手?作家の作品。
  近所のカフェギャラリーtanneで作品展示、販売もしています。

# by ikeda2009 | 2010-06-02 09:45

鎧下見

c0202242_1437858.jpg
c0202242_14374457.jpg日本建築の代表的な外壁張りの一つ。

下見板材を横方向に1寸2分(36ミリ)ほど重ね合わせ張り込む。
重ね合わせた下見板のくせを光った(映した)押し縁(縦材)で455@間隔で押えこんで仕上がりとする。

日差しが強く、高温な日など 板材が程よく乾燥収縮し 板と板の間に隙ができ建物の壁の中に風(空気)を取り込んで通気する。
梅雨時期や雨の日は、下見板は水分を受け膨張し隙間を塞ぎ建物のなかに水分の浸入を防ぐ。
下見の中の土壁は呼吸し 断熱防音効果を程よく働かせてくれる。

日本建築の技は、日本の気候風土に根ざして発展して来た。
〈自然との共生〉 突きつめればエコ 時代の最先端なのかも。!!!

# by ikeda2009 | 2010-06-01 15:52 | 建築・雑感